富山の出版社 本づくりなら 桂書房

富山の小さな出版社「桂書房」。富山での自費出版、本づくりならお任せください。

勝山敏一による随筆集です。桂通信図書目録の冒頭に収録されています。

No.37 130年も続く 「盤持ち」 と私

「俵も、 私らで編むがです」 私はテレビ画面に釘付けになった。 私の村の公民館からの生中継だった。 同級生が《盤持ち》に使う米俵を編んで見せていた。 11月22日、 新嘗祭の前夜に行なう江戸期からの村の行事。 15歳にな…

No.36 「壊れた時に、 真実が見える」

見出しは30年前、 公務員の僕がアルバイトでコピーライターをしていた頃、 広告紙面に書いた一節だ。 列島改造論で沸き返った後、 誰もが自然破壊の進んだことに気付きかけていた。その自然破壊をテーマに《手重し》という語を使っ…

No.35 私たちは記憶の連鎖を生きる

「…13、4なる少女が34人うち連れてかの蓮華草を摘んでいた」 図書館で100年前(明治29年)の新聞を繰っていて、 ある随筆の一節が目にとまった。 「雪のような細い手が紅い花の上をさまよっているところなど実にどうも可愛…

No.34 9・11、臨界を超えたのはいったい誰?

「弧を描きながらビルに突っ込んでいく飛行機の姿は美しかった…」 9・11のあの光景をテレビで見た美術家たちの感慨である。 「乗客たちがいるのに、 なんで!」 僕が反論すると彼らはちょっと怯んだけど、 自分に正直なようだっ…

No.33 もっと多くの《目前》は見えないか…

「あっ、 カルガモの親子!」 桂書房の前の道をゾロゾロ、 七羽のヒナを連れて隣家の庭へ。 そして塀の下の排水路へと落ちた。 彼らの池からは五百メートル、 しかも込み入った住宅地の中。 自力で帰れると思えないし、 辺りは野…